love2016の雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

love2016の雑記

気づいた事や感じた事、得た知識などをシェアしていきたいです

男と女の恋愛指南本

こんにちはらぶです。

らぶさんはその昔、とにもかくにも人見知りで出不精で話下手なくせに「モテなくてもいい」なんて開き直る事も出来なくて、どうやったら好きな人と相思相愛になれるかばかりを常に考え数多の恋愛指南書から会話術、心理トリックやメール術まで読みに読んで知識ばかりが増していく切ない日々を送っていた時期がありました。結構前ですが。

 

今回は先日のこちらの記事に関連したお話

love2016.hateblo.jp

恋愛指南書や恋活やら婚活本やらを見てみると、必ずしも上記の記事と同意ではないものがあります、当然ですが。

ただ、慎重に吟味してみると著者が女性で「愛されて大切にされて充実していて結婚したりして穏やかに楽しい毎日が過ごせるようになるのが幸せ」といったようなコンセプトで書かれているものの場合はほぼ上記の記事と同じ価値観であり

 

Hにそんなに警戒するなよ。固い女はモテないよ。ただし自己責任でね!

 

みたいな書き方してる本は

 

著者がほぼ男性である

 

という事に気づきました。

全体的に見て男性視点だと「性にオープンな女性は男性から見て大変魅力的だよ!自信を持ってアピールしてこうよ!」的にポジティブに書かれてたりしますがそういうのを読むと、超肉食系女にガンガン性アピールされてる時の男性が本気で「ああ~こいつと結婚してぇ~!」って思ってるのかと問いただしたくなります。

 

違うだろ!そういう時に考えるのは今夜やれるかどうかだけであって、先の事なんて一瞬たりとも考えてないだろが!って事はちゃんとした長いお付き合いには刹那的な性アピールなんてなくても成立するんだよ!!

 

というのがらぶさんの主張。

そもそもノリでやるSEXに対するリスクの大きさから考えたら、男性の方が積極的になるのは当然であって、その考え方をそのまま女性に置き換えてしまったら女性は人生そのものが大きく狂う可能性があります。そういう話になると「そこは自己責任でごにょごにょ」みたいになるんだから女性は自衛するしかない。当然ですが。

基本的に男性が女性に向けて書く恋愛指南書の大半が「沢山の男と恋して(SEXして)女として磨かれていく」みたいなノリになっているように感じますが、女性視点から言わせてもらえば、例え遊び慣れた女であっても最初から色んな男と遊んでみたいと思っていたというより、最高に相性のいい相手を探していたら経験値が増えてしまったという場合が多いというもので。

 

最初から「1000人切り目指す俺カッケー!!!!」とかいう思考がある男とは根本的に違うと思うのよね。

 

女性の著者でどんどんHした方が女として磨かれる!みたいに書いてるのは若い小悪魔系な方が書いていたりして、読んでみても結構ストレートに「男を落とす方法!」とかが書かれている物が多いかなという印象でした。でもそんなH推奨型の本であっても「セフレから彼女にはほぼなれないと思って間違いないから、ちゃんと付き合いたいなら考えた方がいい」と書かれていて、ああこの人、ご自身ははっちゃけてるけど考え方はしっかりしているなと感心した事もありました。

 

好きな人が出来たら触れ合いたいと思うのは男女関係なく思うものでしょう。

けれども、10年先まで一緒にいたいと思うのであれば、一瞬の気持ちだけに流されないようにきちんと考えた方がお互いの為なのかなと思うのです。

 

みなさまが大好きな人とずーーーーーっと一緒に幸せな毎日を送れるように心からお祈り申し上げます(*´∇`)ノシ マタネ~♪

 

 

広告を非表示にする