love2016の雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

love2016の雑記

気づいた事や感じた事、得た知識などをシェアしていきたいです

「どうせ死ぬ」の受け取り方

人生 引き寄せ

f:id:love2016:20170211010326j:plain

こんにちはらぶです。

らぶさんはよくネガティブだって言われるんですが、そこがどうにもわからない。

らぶさんは基本、何に対しても楽観的というかお気楽というかどうでもいいというか。とりあえずあんまり後悔もしないですし、たとえ失敗や間違いを犯してその場では大変な落ち込みを見せても、立ち直ればいちいち後ろを振り返らない。

ネガティブとは何か

それでもらぶさんがネガティブだと揶揄される場面が多々あるので考えてみたのですが、もしかしたらそれは命に対する考え方に由来するのかなとも思いました。

らぶさんは基本的に、物質が消滅する事は無いのではないかと思っているのです。

らぶさんは理系でもないしそもそも数学や物理学なんて苦手まっしぐらだったから理論的には間違いがあるかもしれないけど、自分の身体が産まれた時、突然存在を顕した訳ではなくて、宇宙にもともとあった物質から産まれたのなら、死んで灰になっても、灰になった部分以外もまた、目には見えなくとも宇宙にあり続けるのかなと。

生きている時と何ら変わらず。

 

そうなると、向上心や競争心、変化を求める心や死を恐れる気持ちなどなどが結構薄れていってしまうのですね。ポジティビストさんたちはそれをネガティブだと捉えているのかなという印象です。

 

つまり、逆に言うとポジティブとは、向上心や競争心があり、もっとうまくなれる、もっと大きくできる、もっと違うものになれる、更に強く、楽しく、高みを目指せるという志に満ち、生きている事を多いに望み、死を遠ざけようと試みている人たちの事なのかなと。

 

死を受け入れる事を諦めや敗北と捉えるポジティビスト

らぶさんのスタンスは「諦めている、逃げている、変わろうとしない」と非難されることが多いのだけど、それが、考え方の違いなのだなと思うところでもあるのです。

そもそもらぶさんは生きようとしている時点で何も諦めていないし生きる事から逃げていないし生きている限り変化の只中にあるのは当然であって、無理矢理に何かをせねば自分が成り立たないと思う事の方がどうかしてると思ってしまうのです。だからそもそもそこを勘違いしないでもらいたいし、更に誤解を恐れず言うのなら、もし本当に、諦め、逃げ、変わろうとしなかったとして、それが何だというのだろう。

人は必ず死ぬというのに

私だけの話ではない。今もこの先も全ての生物が死んでいくというのに、なぜ何かを「成し遂げなければならない」のか。

色々な書物を残したり壁画を書いたり口伝で自らの技を伝えていったりするのはみな、自らが生きていた証を残そうとしているのではないかと思うのです。

後世の為というのもあるのでしょうが、それも結局、自分の知識や技術が後世に伝わったから後世があるのなら、自分がそれに一役を担えたのかなと思いたいのではないかと。

そして、そうまでして色々なものを残そうとするのは、ひとえに死を恐れ、死が完全なる消滅だと思い、自分が存在していた形跡を意地でも残したいからなのではないかと思うのです。

 

死は終了や消滅ではない

らぶさんの中で死は分解ではあっても消滅ではないと思っているのです。

別に「千の風になって~♪」と歌い出す気もないですが、やはり物質はそうそう消滅しないと考えているので、らぶさんの「死を恐れない」というのは自殺願望があるとかそういう危険な話では無くて、死をBAD ENDだと捉えていないだけなんですね。

それがどうもポジティビストさん達には理解の範囲外らしく、なかなか意思の疎通が図れません。

 

「いつか死ぬ」にネガティブもポジティブもない

らぶさんにとっていつかは死ぬっていうのは、もう「日が暮れる」と同じくらい当たり前の事なんですよね。だから問題は「もう日が暮れるから諦めよう」なのか「もう日が暮れるから明日にしよう!」なのかであって、日が暮れる事そのものでは無いのに、日が暮れると発言するらぶさんがネガティブそのものだと叩かれるのは、「いつかは死ぬ(日が暮れる)」にもともとネガティブなイメージを持っている人がそれを連想してしまっているのだと考えているのでなんというか、らぶさんを「ネガティブ発言する人」という括りで認識している人がらぶさんをネガティブだと判断するのであって、実際のらぶさんの言葉の内容を深く精査しているわけではないのだろうなと思うのです。

 

と言ってもこれはらぶさんの持論であって、とってもネガティブな意味で「どうせ死ぬ」と連呼している人も存在しているかもしれません。というかそういう人の方が多いのかも。そしてらぶさんはそういう人と同じ考え方だと誤解されるのが嫌だから、「またネガティブ言って!」って言われるのが不快なのかもしれません。(というかそもそもらぶさん「どうせ死ぬ」なんて言葉は絶対に言いませんが)

 

そもそも思いやりの心があるポジティブさんは

他人に「お前はネガティブ」なんて発言しませんので、

その時点で「お前もな!」と返したくなってしまうらぶさんなのでした( *´艸`)

 

 

人生は受け取り方次第

みなさまも一生懸命生きている以上、後悔する事も生き辛い事も多々あるかと存じます。けれども人生塵芥。みなさまがお望みの人生を楽しく生きられる事を心よりお祈り申し上げます(*´∇`)ノシ マタネ~♪

広告を非表示にする