love2016の雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

love2016の雑記

気づいた事や感じた事、得た知識などをシェアしていきたいです

時間は有限、それは訪問販売員にも同じ事

こんにちはらぶです。

今日はセールスの話。

自信があるから押し売るんです!?

f:id:love2016:20170429000353j:plain

らぶさんは個人や少数でサロンやら講師やらをやってる知人が多く、ひとり社長だったり主婦の副業だったりと取り組み方に幅はあるがほとんどの人が勧誘に熱心だ。

自分の仕事に情熱を持っているとか、本当に良いものを世界に発信したいという強い意気込みがあったりした結果のサロン開業だったりするからその熱の入れようは半端ない。

情熱は判る。そして顔見知りという事も相まって、以前のらぶさんは彼女らの勧誘を断るのがとても苦手だった。相手の事は嫌いじゃない。けれどもこちらも経済的に「1時間2万円」とかするセラピーに付き合いで顔を出してる場合じゃない。もっと本音を言ってしまうとそもそもらぶさんには必要のないものばかりなのだ。欲しいと思ってもいないものをしかも高額で買わなきゃならないなんて、意味が解らない。けれども相手は儲けようという悪意を持たず、とにかく良いものを(病気の)らぶさんに!という気持ちでいっぱいだというのが分かるので、本当に断るのが辛く、次第に集まりに行く気力も失われていくほどだった。

 

けれども、ある時を境にらぶさんはそういった類の人たちへの抵抗をなくす。確かにまだ完全に無くしきれてはいないけれど、ある程度はっきり断る事が出来る様になった。

それは逆転の発想、相手への思い遣りから生まれたものだった。

 

なぜ断りづらいのか

らぶさんが知人からの勧誘を断りづらかったのは、断るのが申し訳なかったから。

相手が良いと思っている物を否定している様で、ひいてはその人の考え方を否定している様な気もして。そしてそれがなぜ断りづらさにつながるのかというと、その結果自分が悪者になって嫌われるのではないかという恐怖によるもの。つまり自分の保身を第一に考えてしまっている所からくる恐れだったのだ。

 

これは見ず知らずの飛び込みセールスマンに対してやたら低姿勢になってしまうのも同じ理由だと思う。相手は自分の家や電話番号、恐らく家族構成も判っている。そんな相手を無下に断って逆恨みでもされたら厄介なので、出来ればこちらに敵意はないがご期待に添えないという事を判ってもらってご帰宅願いたいという思いからばっさり断る事が出来なくなってしまうのだと思う。

 

相手の立場に立って考える。

どうしても行きたくないサロンに勧誘された時、ふと突然らぶさんの脳裏に「時間の無駄だな」という思いがよぎった。酷い話だと思った。相手はこちらの為を思って一生懸命話してくれているのに、自分はなんて思いやりのない人間なんだろうと自分を責めた。

が、そこでふと浮かんだ思想をよく咀嚼し直して考えた。

この時間は誰のものだ?と。時間の無駄なのは向こうも一緒だ。

「断るのが失礼→→結局断るのにだらだらと話させて相手に気を持たせる方が失礼」という結論に至ったのだ。

向こうは私を勧誘できる、私を救えると本気で思っているからこんなに熱心なんだと気が付き、別の意味で申し訳なさでいっぱいになった。そしてそれ以降、らぶさんは相手の立場に立つことで断る事が出来る様になった。

「あなたの勧誘はあなたの大切な時間を無駄にしている。私などに構っていないでもっとあなたを必要としてくれる人の所に行きなさい。」

という気持ちを強く持つと、それはいとも簡単にあっさりと「お断りします」という言葉として口から出てきた。とても自然で場の空気を凍らせる事もなく簡単な事だった。

ついでに「私今とっても充実してて幸せなので」という気持ちを伝える事もとても効果的だった。セールスというのは大抵が相手に足りない物を補ってあげるという気持ちから生じるものだからだ。

 

そしてもう一つ心がけているのが「断っても私たちの関係にはなんの影響ももたらさない。」と心に強く思って断る事。今までは断ったら嫌われるとか、関係が悪くなるのではないかと心配になっていたから中々断れずにいたので、断る事と人間性を否定するのは別物なのだから、欲しくないものは欲しくないと言っても相手を否定した事にはならないと捉える様にした。そして断る事で向こうから疎遠になってしまったら、向こうはこちらの事を商売相手か救済対象としてしか見ていなかったというだけの事。ただそれだけの事なのだと考えたら、気が楽になった。

 

飛び込みのセールスマンには毅然とした態度で

ちなみに、訪問販売や電話セールスなどを断る方法として最適なのは話を聞かない事だそうだ。そして文句としては例えば電話の場合お伺いを立ててきた場合(今お時間よろしいでしょうかなど)は「興味ない」や「時間ない」で断れるが、こちらの話を聞かず一方的にマニュアル通りに押し売りを開始するような相手には「迷惑なので電話切りますね」と伝えて返事を待たずに切ってしまう。それ以上の会話は一切不要。

なぜなら大抵の商品には売る際のマニュアルが存在する。高額商品の場合は値段を理由に断られた際のセールストーク、今は必要ないという訴えにはこの先必ず必要になるという説得が用意されているものだ。だからとにかく理由は不要。相手の時間を無駄にしない為にも、さっさと切り上げてしまうのがお互いの為なのだ。

 

shinya-sheep.hatenablog.com

この方の記事の中でもお嫁さんや母親が被害に遭っているように、特に女性はターゲットになりやすい傾向にある。

聞き上手や話し好き、相手のひたむきさに同情してしまう、未来に対する不安に付け入られる、押されると無下に断る事が出来ない優しさなどが仇となってしまうのかもしれない。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

みなさまが自身で価値ありと認めたものに囲まれた生活を送れる事を心よりお祈り申し上げます(*´∇`)ノシ マタネ~♪

広告を非表示にする