love2016の雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

love2016の雑記

気づいた事や感じた事、得た知識などをシェアしていきたいです

40代50代での転職

f:id:love2016:20161002162627j:plain

知人が40代と50代で転職したのは、いずれもヘッドハンティングによるものだった。

本人には転職の意思もなく、周囲からも寧ろそろそろ早期リタイヤで悠々自適の趣味生活に入るのかと思われていたいわゆる「サラリーマン内での勝ち組」タイプ。

 

歳を重ねるごとに仕事の規模も成果も増し、それだけならまだしも仕事に費やす時間は年々減少させることに成功し、定時帰宅、休日別荘は当たり前。出張で国内海外に飛び回る日々も楽しんでしまえる余裕がそこにはあった。

 

そんな彼が転職となれば、現職よりさらに責任と報酬が上がるのが当然。

本人のその気がないのを口説き落としてライバル会社に連れ込むのだから諸手をあげて迎え入れられるというものだ。

 

私の中では、40代以降に敢えて転職をしようなどという冒険者は、こういうタイプの人間でない限り不可能ではいのかと思っていた。勿論、現職より大幅に待遇が下がっても良いというのであれば可能性はあるだろうが。

 

成功する40代・50代の転職術 60日以内に採用が決まる実践プログラム

成功する40代・50代の転職術 60日以内に採用が決まる実践プログラム

 

 

しかし、著書佐々木一美氏は自身の推奨する方法を使えば、転職先を探す事さえ困難な40代50代にも道は開け、更に短期で採用が決定する方法もあると記している。

 

その内容は昨今の情報社会に於いてご存じの方もいるかもしれないが、それでも未だにマイナーでありそして知ってしまえばなーんだと思うかもしれないが、知らない人が読めばそれはまさに「こんな事していいものなの?!」と首をかしげてしまう内容となっている。

なかなか行動に移すのは躊躇されるかもしれないが、要は行動あるのみ。

 

添え状や職務経歴書などの書き方も一応載っているにはいるが、サンプルは少なく情報としては弱いと思ったので、それについては別の書籍などを参考にした方がいい。

40代以降がどうやって求人を探すのか、書類に留意すべき点はどこか、自己PRは絶対必須など、確かに記載されている内容を100%実行出来れば、50代でも60日以内に採用されるかもしれないという内容になっている。

 

 

ただ、私のおすすめの読み方としては転職を決意する前にこの本を手に取り、40代50代での転職が如何に困難なものであるかを現実的に理解するために熟読するのが正しい読み方なのかなと思った。私にとっても30代のうちにこの本に出会えたことはある意味ラッキーだったのかもしれない。

 

広告を非表示にする